読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーズアカデミー戦記

G's ACADEMY TOKYO でプログラムを勉強してます。もちろんブログは非公式です。

つくれる人 / つくれない人

卒業制作の進捗共有会

この春から通い始めたジーズアカデミーもあと数週間を残して終了となる。デモデーにあたる卒業制作の発表会もそう遠い日程でもなく何だかどことなく忙しない気持ちに駆られている。そんな中で先週だったか、アカデミーの同期生が集まって卒業制作の進捗状況を共有する会というのが催された。

 

参加したのは一部のメンバーだけでまだ開発期間中というのはある。しかし、だ。それぞれに差はあれど、ほぼ全員が「これ完成するのか?無理じゃね??」という状態だったのだ。自分で話しながら、そして話を聞きながら何度も思った。

 

 「これは、、、やばい、、やばすぎる」と。

 

もっともラスト数週間はそれまでの数倍の速度で進むというのが開発というものだと思っているし(←完全なダメ人間)、何よりジーズアカデミーの多数は高学歴エリート。独断と偏見で言わせていただくなら、僕はこういう連中には共通する性質というものがあると思っていて。それは「物事をそれなりのレベルでやり遂げる習慣を持っていること」だ。だから所謂あれだ。

 

 「えー、テスト前だけど遊んじゃって全然勉強してないよー」

 

…。

僕はもういい大人のでこんな安い手には決して騙されない。彼らは何だかんだといって見せるに足るものを作ってくるはずだ、間違いなく。だから「みんな出来てないのか。僕だけじゃないんだ。」なんて安心は絶対にできないのだ。

 

学ぶこと / 作ること

ただそれはともかく、やはり「作ること」の困難というのも改めて感じている。講義期間中はメンバーの異常な習得スピードを目の当たりにして「なんて優秀な奴らなんだ!」と衝撃をうけたのだけれど*1、そうやって「技術を学ぶこと」と今やっているような「プロダクトを作り上げる」ということとの彼我の差はすさまじい。みな明らかに苦戦してる。

 

わかりやすいところで言うと、要求されるスキルセットの広さがとにかくキツイ。フロントとサーバはもちろん、インフラから企画・プロモーションまで全部1人でやらなければいけない。また前のエントリでも述べたように、コードの実装自体とは別の所で1〜2週間スポイルされてしまうとか、できるだろうと目算していたことが色んな理由で諦めないといけないことが後々判明したり、、とにかく開発を諦めさせようとしてんのかよ!というような罠が次々と襲いかかってくる

 

これは決め打ちの教材で勉強だけしてたら絶対に気づけないことだ。だから作りたいと思っている人はすぐに「作ること」を学ぶべきだと思う。

 

女版・まんが道

そんなことを考えていたものだから、先週、東村アキコ『かくかくしかじか』(集英社)を読んだ時には、すっかりまいってしまった。

 

控えめにいっても傑作といえる。おそらく2010年代を代表するマンガのクラシックタイトルになるだろう。

 

 

この東村の自伝的な作品は本人をして「女版・まんが道」などと言わしめるものだが話の主軸は少し違っている。彼女の絵の師匠である「先生」といつかの「ダサかった自分」との物語だ。過去の自分に向き合う東村の筆致は時に胸をえぐるようであり、その一つ一つのエピーソードや感情は、誰しもが持っている「今よりずっと幼かくてバカだったころの自分」への後悔みたいなものを呼び起こす。キャッチーさのなかに己の人生と向き合う真面目さみたいなものが同居していて、サブカルに逃げないメジャータイトルとしての凄みにあふれている

 

どうやら今年のマンガ大賞をとっているらしく、それが逆に良いイメージじゃないのもあって読み控えていた。しかし先日の「漫勉」をみて手にとったのだ。 

www.nhk.or.jp

 

放送後のネットでの取り上げられ方がいくぶん自己啓発的な文脈になっていたのには違和感があった。何だか変に意味を見出そうという態度は作品の価値をいくらかでも毀損して気がしてしまう気がしたのだ。ただいま改めて読んで今の自分と重ねあわせて少し考えをまとめたくなった。このマンガには「どうすればつくれる人になれるのか」についての正体が書かれている気がするのだ。そう、いい作品は読者を饒舌にするのだ。

 

描ける人 / つくれる人

作品のラストに「描ける人」という概念がでてくる。東村が通っていた絵画教室の後輩でマンガ家になりたい人がでてくるのだが、その人は結局マンガを描くことができなかった。いわば「描けない人」だったわけだが、「描ける人」となった東村とは何が違ったのだろうか。

 

それは「先生の存在」だ。東村には先生がいた(後輩はすぐに教室をやめてしまった)。竹刀をもって生徒をシゴいて絵を描かせる、そんなタイプの人だ。彼は口癖のように「描け・描け」と言っていた。意味なんていらない、ただ目の前のもをひたすら描けと。何度も「何を描いたらいいかわからない」という東村や他の生徒に、ただ「描け」という言葉をつきつける。一日も描くことを休むなと。そこで鍛えられた経験こそが、どんな時でもマンガが描ける現在の自分を形成したのだという。つまりそれは身体性を変容させることなのだと思う。ある種の体育会的なシゴキによって「描ける自分」に変えていくということだ。それは特別な技術とか想いの強さとかとは異なる類のものだ。

 

ちなみに『かくかくしかじか』によれば、東村がマンガを書き始めたのは大学を卒業した後だったという。在学中にマンガ家デビューするつもりで美大に行ったにもかかわらず在学中は遊んでいただけだったという。そう、今や当代随一のマンガ家になった彼女であっても普通の弱くて根性のない人間と変わらないのだ(たぶん違うけど本人の申告によれば)。

 

そしてWebサービスを・アプリを作りたいと思っている僕や僕みたいな奴にいま必要なこともハッキリしたかなと思っている。それはただ「やる」ってことだ。息を吸うように開発をする、そういうふうに身体を変えていかなければならないのだと思う。その先に「つくれる人」があるのかなと。

 

いや、少し嘘をついた。そんなことはずっと前から分かっていたことでもある。問題は「その力をいかに身につけるのか」ということだ。どうすれば弱くて卑怯で逃げたがる自分に対する強制力をつくれるのだろうか。激しい職場に飛び込むのも一つだろうし、スクールに通ってお金を使ったり・締め切りを設定するのもありだろう。でもマンガに出てくる「先生」みたいにひたすらやらせる人が居てくたら一番いいのかもしれない。

*1:どう客観的にみてもこれは事実だ

当事者意識なんてないし悪口だって言うさ

tamesue.jp

まぁわかる。「お前なんでそんな外から見てんだよ!」って言いたくなる時は確かにある。

 

それでもこのウエメセ感がどうも気になる。エントリの文脈がよくわからないけれどさ。

 

最近話題になったのだと他にこんなのもあった。

 

oreno-yuigon.hatenablog.com

 

これもわかるんだけど「正しさ」や「強さ」を振りかざすなよとも同時に思ってしまう。

 

誰だって当事者意識もてないで何か言ったりすることはあるし、悪口言いたくなる時だってある。頑張ってる人から見ると怒りを感じるだろうけど何で「自分はそうじゃない人」だって思えるんだろう。(とまでは言ってないけど…)

 

西原理恵子の『上京ものがたり』にたしかこんなくだりがあったはずだ。

 

売れてる漫画家の先輩の話は前向きで面白い。売れてない人は愚痴っぽくて悪口ばかり。だから文句ばかりいってた頃に話を聞いてくれた人にありがとうって。

 

誰もが弱くて、悪口を言いたくなったり、困難から逃げたくなったり、偉そうに語りたくなってしまうものだと思う。それが人の本質だとかは到底いえないけれど、タイミングや状況によっていくらでも変わることだと思う。そんなものだ。

 

だからもしそういう状況を目にしたら、「たまたま今はそういう時期なんだな」とか「自分もどこかで同じコトやってるんだな」ってとらえたいし、自分がそんな時に優しくしてくれる人に感謝する人でありたいと思う。

 

上京ものがたり

上京ものがたり

 

 

何にもならない20時間

f:id:karithe:20150922175558j:plain

おそらくどのレベルの人にとってもWeb開発なんてものは、「1個課題を解決したら新たな課題が2個ふってくる」ようなことなのだと思う。これまでも、きっとこれからもずっとそういう状態なのだけど、先週ハマった部分にはかなり堪えた。

 

あるサービスの公開APIを使おうとしたときだ。調べて試そうとするのだが一向にうまくいかず、何度やってもエラーコードが返ってくる。最初からやりなおしたり、関連してそうなstackoverflowをわからないなりに読んだりするのだが全く原因に近づけない。結局APIを使うために設定するサイトが2つあるのだけど、それらのメールアドレスが一致していないとかそういうことが問題だった。自動ログインの設定にしていて全く気づかなかった。

 

これに気づくまで費やした時間は約20時間。

 

100%自分に原因があるし高々20時間で済んでよかったとも言えるのだが、個人開発なのでプライベートの20時間だ。これがもしある機能の実装に試行錯誤したとかだったら「トライ&エラーを繰り返して開発力の幅が広がったな」とか「◯◯の技術について理解が深まったな」となる。以前のエントリでもとりあげた「解決できるんだという自信形成」にも繋がる。でも今回の20時間はただの浪費だとしか思えない。

 

いや、実際はこの経験によって深まった知識もあるし得られたものはあるとは思う。困難のレベルとしてはあまりに低すぎるしプロでも1週間ハマるとかもザラにある世界だ。それを頭では理解していても「あぁ、俺は無意味なことで20時間分だけ死に近づいたな」とも同時に思ってしまうのだ。これからも数多の「何にもならない◯時間」と向き合っていくのかと想像するとゾッとする。単純な自律心とかやる気の問題ではなくて、もし精神状態が今よりも少し悪かったら挫折していたはずだ。そりゃチームで活動するよなと思った。

 

こう言うと「そういうのに耐えられない人はプログラマに向いてないよね〜」とか言われるのだろうか。やはり個人開発は難しいな。

Ruby on Rails とかいうのが凄すぎていろいろ考えてしまった

ジーズアカデミーの卒業制作に取り組んでいる。前回のエントリからそこまで変わってなくて、要するにあまりできていない。

 

そう、まるでできてない。

 

そんな状況なものだからまるで説得力はないのだが、気づいてしまった。

 

Ruby on Rails の生産性ヤバイぜ!」

 

普通の人は5年前には気づいていたと思うんだけど、僕みたいな奴はついさっき気づいたのだ。どうか僕から見えない所で嗤っていただきたい。

 

別にRailsに限定していなくて、他のモダンMVCフレームワーク、たとえばFuelPHPとかCakePHPとかも同じだと思う。Railsほど至れり尽くせり感はない印象ではあるけれど、なんていうか

 

サックサクじゃんと。(※ ところが僕ときたら、全くさくさくできていない)

 

覚えることはかなり多いけど、完成している部品をつなげてよしなにやったらそれなりにできてしまう。

 

これはちょっと言い過ぎなところはあって、実際にはそこまで簡単じゃないけど感覚的にはそれに近い。Zaimとかウォンテッドリーの人みたいな一部の起業家が「そんなに経験ないのに自分で開発とか超人すぎだろー」と思ってたけど、いや実際100%凄いのだけど「彼・彼女たちくらい優秀な人だったらできちゃうなコレは」と合点がいった。

 

今の大学生くらいだったら、そんな人は珍しくないだろうし、もしかすると中学生とか50代から始めたって人もいるんじゃなかろうか。そういえば少し前のAERAの勉強特集でウォンテッドリーで管理系の仕事してる人が40代で独学でプログラミング勉強してるとか書いてあった気がする。だから間違いなくいるだろう、そんな人達がゴロゴロと。

 

Angular1もすこし触ったことあるけど、Railsとかけ合わせちゃったら本当にサックサクの二乗だろうなと思う。相当壊れた夜を駆け抜けちゃうようなこの状況を体感してしまうと考えなければならないと思う。己の行末ってやつを。

 

自分は現在お恥ずかしながらリーマンエンジニアというやつで、秘伝のPHPで開発みたいなことをしている。始めたのも遅いしそんなに熱心じゃなくて普通の意味でヤバイやつだ。で、図々しくもスクールを卒業したらフレームワークつかって新規開発できるような会社に転職したいなーとか浮ついた気持ちでいたのだ。

 

でも仮に転職できたとして、こんなフレームワーク使って開発とか誰でもできるんじゃないかという気がしてしかたない。「んな甘くねーわ」と言われるだろうし、もちろん即戦力になれるぜということでは全く無い。要はツールの生産性が高まりすぎて「Webサービスを作ることができる」ということのハードルが仕事としてやっていくには低いので、そこから早々に一歩踏み出して目線を変えなければいけないのでは?という意味だ。

 

それはもしかするとサービス事業者で「フルスタックエンジニア」とやらを目指すということかもしれないし、制作会社でガンガン案件こなして技術力をつけるということかもしれない。はたまたマネジメントとか直接的に技術力じゃないところをみることかもしれないし、SI的な領域でいくという方向性だってありうる。

 

他にもいくつか思いつくけれど、いずれにしてもこの現実の中でワナビー的に心地よい言葉にながされて適当に転職するのだけはダメだなと思った。


まぁ誰がみても気づくのが遅いし、繰り返すが卒業制作の個人Webサービスは大して進んでいないのだけどね。そして何故そんな簡単にできるはずのことをお前はできてないんだってことにも向き合わないと行けないんだけど…。

 

ふぅ、シルバーウィークがんばろうっと。

開発が全然進んでいない

試験前の追いつめられた時期のようだ。特に勉強はしないけど気持ちが落ち着かない、そんな状況が続いている。録画した朝ドラも早送りでみるほどだ。

 

最初から予想してはいた。ただそれを上回るダメさ加減で開始から1ヶ月もたつのに開発が全然進んでいない。全然だ。いや、たしかに進みはある。牛歩的だが技術面の理解度は上がっていっているし、すこしだけ出来てきている。しかし一歩躓くと1週間とぶようなスピード感で明らかに危険な状況にある。

 

今後スピードアップするとしても、このペースだとまともなアプリとして完成させることは難しい。あたりまえだがメンターがいるといっても頑張るのは自分個人でしかなくて…。

たぶんスクールの他メンバーも半分も完成させられないのではないだろうか、期限内という条件がつけばさらに半減する気がする。ちなみに期限というのは、10月に予定されているらしいスクールでの成果発表会のことだ。一応その頃までに公開するなり形にしないと行けないことになっている。

 

だからつまりそう、妥協が必要なのだ。

 

しかしコレが難しい。プロダクトを妥協すると当初考えたものと全く別のものを作るしかないと思う。インターネットを見る限り、職業エンジニアでさえ1週間とかでできるものだとネタっぽいアプリ・サービスになってしまう。それでもいいかもしれないけど、その境地まではまだいけない。

 

では技術的な側面で妥協するのはどうか。実はそれも考えていない。いや、妥協はしているけどコレ以上はできないといったところだ。仕事につなげていきたいので「難しい実装」とまではいかなくても、ただ部品をつなげただけみたいなのはやっぱり嫌だ。

独学でプログラミングを勉強しても実務に通用しにくい理由 - 25歳ニートが35万円で上京を企むブログ

 

つまり妥協点はない。あるとするなら諦めかなと思っている。10月の期限まではできるだけスピード感をもってやって、公開は年内にいければいいかなと思っている。実際そんなビジネスとしてやっていこうなどとは思っていないし、勉強や転職活動とかに使えればと思っている程度だし。

 

一番理想的なのは、修了から発表会まで2、3ヶ月あくと嬉しいのだが、運営サイドとしてもいつまでも成果が見えないのでは集客出来ないだろうし、かといって残念な成果しかでないとそれはそれで…。

 

う〜ん、がんばろう。

非Web企業のエンジニアの未来に期待する

tenshoku.mynavi.jp

 

いろいろと考えているのだなぁと(失礼)。ホント2人とも言葉のちからが強くて面白い。全部よかったが、特にこの部分には妄想を膨らましてしまった。

 

— 川上:例えば自動車業界とか放送業界とか、様々な業界の日本を代表する企業も、今後はWebエンジニアを雇用して、ネットサービスを内製化することが重要なはずなんですよ。海外だとウォルマートみたいな小売業ですら、Webエンジニアを雇用するのが当たり前です。IT企業ではない日本の大企業が、Webエンジニアを高給で囲い込もうとする現象が起こると、次のバブルが発生するでしょうね。 

 

ここでの文脈だとWebエンジニアのキャリアの問題についての話だけど、バブルがどうとかじゃなくて、そのフェーズにはいったら面白そうだな〜と純粋に思う。たぶんそう感じてしまうのは最近、宇野常寛『資本主義こそが究極の革命である』(2015 角川)を読んでいるからだと思う。 

 

資本主義こそが究極の革命である  市場から社会を変えるイノベーターたち

資本主義こそが究極の革命である 市場から社会を変えるイノベーターたち

 

 

この本では著者が現在活躍中の何人かの経営者との対談を通じて、いまビジネスの現場で起こっていることを「文化」の側面から定義・解釈していこうという試みをしていて非常に面白い。

 

その中でも日本交通の川鍋一朗社長の話が印象的で。

 

川鍋さんは家業のタクシー会社を様々な施策で再建した方なわけだけど、単にタクシービジネスで成功するということを超えた領域でものを考えている。それは「タクシー業界」を守るということであったりもするのだけれど、現代の社会状況にあわせて「タクシーという文化」を再定義し、都市・地方での新しい役割を構想しているのだ。

 

そういった話の中でこんな発言がでてくる。 

 

今ウチで圧倒的に足りないのは技術者なんですよ。ソーシャルゲーム業界で1500万円だとかを提示されているような人に、はるかに安い金額で過疎地に行ってもらうというのは、なかなか大変です(笑)。もちろん、そういう人を引き込むのは私の役割で、いま必死に口説いていますが……。p.31 

 

先の彼の構想と合わせて読むと、この発言自体をどう捉えるかとは別に、とてもポジティブな何かを感じてしまうのだ。時にある種の虚しさを感じてしまうWebに光が見えたというか。

 

流行中のWeb系スタートアップとはまた違った領域に、現在進行中の・あるいは今後来るべき社会にむけて、いくらか革新的な形で貢献する事業にWebエンジニアとして携われる領域があるのかもしれないのだと。*1そこには一気にスケールするとかIPOとかいった類のものとは別の輝きがあるように見える。

 

ソフトウェア自体を主役として「何か当てよう」ってことじゃなくて、既存の業界を時代に適応させたり、新しくデザインしていく課程において、手段としてのソフトウェアが、あるいはWebエンジニアが要求されるんじゃないかなという感じがするのだ。そこにはただの内製化って言葉を超えた夢がある気がする。 

 

何となくそう感じたというはなし。

*1:もちろん僕は1500万円の技術者でないのはわかってる

読む前から読書は始まっている

 

少し前から和田祐介『Webサービスの作り方』と安藤祐介他『CakePHP2実践入門』という本を読んでいて結構たのしい。いちおう技術書にカテゴライズにされるとは思うけど、ハウツーよりの本で難解な概念とかは全く出てこない気楽な本だ。

 

 

CakePHP2 実践入門 (WEB+DB PRESS plus)

CakePHP2 実践入門 (WEB+DB PRESS plus)

 

 

実は『Webサービスの〜』は数年前に読もうとしたことがあって、その時は身の程をわきまえず「総花的で中途半端かなぁ」という印象を持っていた。もちろん本の内容はその時から変わらないので、受け取り手である自分が変わったのだ。といってもあまり成長していなくて、知識がついたから読めるようになったパタンともまた違う。

 

ただ読む態度が変わったのだ。

 

数年前の僕は「いつかWebサービス作ってみたいなぁ」と何となく思って手にとったのだ。これを読んだら作れるのかなぁ…と。いまは「作ろうと思っているけど、どうすればいいのだろう」と思って読んでいる。この目線で読むと、ただの手順の羅列にしか見えなかったものにも「そういう意味だったのか!!」という気づきが得られるのだ。『CakePHP〜』も同様で、ちょっと作ってみようという前提で読むとすごくわかりやすいし読む焦点も絞れる。

これは技術系の本では当たり前のこと(気づくのが遅すぎだが)のような気もするが、考えてみればこれは技術系じゃない通常の読書でも同じだと思う。話題になる大衆作はともかくとして、文学や評論を読む時はただ読むのではなく自分を含めた人や社会や世界と結びつけて考えながら読む。だから「普段からどれだけ考えているか」っていうことがベースになって読書体験の意味が変わってくる。それと同じなのかなと。

 

少し前『本を読んだら、自分を読め』というのがあったが、さしあたり「自分を読んだら、本をよめ」といったところか。語呂が悪いが。。そう、読書は本を手に取る前から始まっているのだ。

本を読んだら、自分を読め 年間1,000,000ページを血肉にする?読自?の技術

本を読んだら、自分を読め 年間1,000,000ページを血肉にする?読自?の技術

 

もっとも背伸びしないといけない時もあるし、手段としての読書ばかりだと読書自体がつまらなくなってしまう。あくまで多様な読み方の一つでしかない。ただ、プログラムなどの技能を学ぶときは、まずやってみて疑問点を持ってから本を選ぶのが有効なのは間違いなさそうだ。