読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーズアカデミー戦記

G's ACADEMY TOKYO でプログラムを勉強してます。もちろんブログは非公式です。

個人サービス作る!とか息巻いて即停滞してしまった時は

G's ACADEMY

一週間前からプロダクト開発を進めている。

 

まぁ、それもうまくいってなくて「ヤバイな」という状態なのだが、問題はその少し前に遡る。

 

実は先週から作り始める前の2週間ほど完全にサボっていたのだ。わざわざスクールに通っているにもかかわらず、だ。確かに若干仕事が落ち着かなかったり、暑くて夏バテ気味だったような気もするが、サボることの理由になるほどではなかった。

 

原因はひとつ。眠かったからだ。

 

いや、夏の暑さで眠りが浅くなっていて、、というのもあるのだが、いざプロダクトを作り始めるといってもどう手をつけていいものか。考えあぐねているうちに眠くなってしまい「明日でいいや」が続き気がつけば数週間ということだったのだ。

 

全く愚かしい

 

じゃあ、なんで復活できたのかというとシンプルに「作り始めたから」だと思う。先ほどの「考えあぐね」は主にこの2つのことを指している

  • 設計をしっかりしておけば後で時間がかからない
  • Railsをきっちり学んでおけば後で時間がかからない

そう、どちらも事実だとは思うのだけどゴールが見えにくいものだ。きりがない(というほどやってないが)。もちろん経験者や起業とか真剣に考えてる人ならともかく、勉強という目的が大きいのであれば、そんなに気にする必要もない。

 

そもそも素人が適切な内部設計なんてわかるわけがないし、基本的な機能の仕様すら描くことは簡単じゃない。いま作り始めていて思うのは「作り始めて初めて」気づくことばかり。技術的なところも、テキストやサイトだけじゃ全然足りないっていうことが体感的に気づくことができる。

 

知識や検討の不足で、作業が戻ったりといったことが今後頻繁に発生すると思う。

 

でもそれでいい。

 

プロダクト完成までの道は一見遠くなるかもしれないけど、個人の設計力・技術力は確実に伸びてる。何より眠くない(でもハマるとやっぱり眠い)。

 

だから完全な素人や僕のように開発経験が少ない人は、設計や勉強はそこそこに、ミニマムなイメージを描いたら作ることから始めるといいと思う。