読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーズアカデミー戦記

G's ACADEMY TOKYO でプログラムを勉強してます。もちろんブログは非公式です。

「残念」じゃないWeb著名人って誰なのかな…

ネット記事の感想文

話題になってるこの記事を読んだ。

thinkchang.hatenablog.com

 

「え、お前?」的な批判もあるだろうし、特段新しい視点でもないのかもしれないけど、現在の超ポジティブ社会においては誰も言わないことという意味で純粋に面白いなぁと。

 

この記事を書いた人の評価基準って「ヒットしたプロダクトを作ったか否か」ということで、それなりに最大公約数的に納得できる基準だ思う。数が少なすぎるのと「残念」じゃない例がないのは「残念」だけど、たしかに僕みたいなほぼ素人にもわかる”凄い人”って誰なのかなぁ?とは思った

 

どうしてこういう状況になっているのか、記事を読んだ時にパッと思いついた仮設はこんな感じ。

 

優れたプロダクトは個人でつくる時代じゃないのでは?

個人の名前で大人気サービス/アプリをつくる時代ではなくなってしまって、会社とかチーム単位になっているから個人としてフィーチャーされない説。

若いスターが出てきていない

若くなくてもいいけど、次のスターがでてきていない説。代表的なプロダクトをつくったでもいいし発言が面白いでもいいけど、他に人がいないから彼らが注目され続けているのでは?*1

メディアとか読者サイドが評価する能力を持っていない

一番ありそうな気がしている。情報も評価基準もあふれて、技術的にも急速に複雑化・変化していくなかで、伝える側とか受け取る側がよくわからなくなっているんじゃないか説。

 

個人的には寿司食べてるやつは好きだし、これでいい気もしつつ、 代表的プロダクトをもっている方がもっとメディアに取り上げてほしいなとも思う。

なんか今のネットで話題になる記事って「大逆転して有名企業に就職できたよ」とか「海外ってこんな感じだよ」とか「大学生だけどプログラム勉強して起業した!」みたいなのが多くて、個人のストーリーとして実際に凄いことなんだけどなんかな…と。

あの大ヒットプロダクトをつくったのはこんな人で、こんな考えと苦労と技術的な特徴があって作られたんだよっていうことももっと話題になるようになったらいいな。*2

*1:あまちゃん氏とかdankogai氏とか今メディアで発信してるんですかね、、

*2:わかってる人はわかってるのだろうとは思うけれど