読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーズアカデミー戦記

G's ACADEMY TOKYO でプログラムを勉強してます。もちろんブログは非公式です。

当事者意識なんてないし悪口だって言うさ

tamesue.jp

まぁわかる。「お前なんでそんな外から見てんだよ!」って言いたくなる時は確かにある。

 

それでもこのウエメセ感がどうも気になる。エントリの文脈がよくわからないけれどさ。

 

最近話題になったのだと他にこんなのもあった。

 

oreno-yuigon.hatenablog.com

 

これもわかるんだけど「正しさ」や「強さ」を振りかざすなよとも同時に思ってしまう。

 

誰だって当事者意識もてないで何か言ったりすることはあるし、悪口言いたくなる時だってある。頑張ってる人から見ると怒りを感じるだろうけど何で「自分はそうじゃない人」だって思えるんだろう。(とまでは言ってないけど…)

 

西原理恵子の『上京ものがたり』にたしかこんなくだりがあったはずだ。

 

売れてる漫画家の先輩の話は前向きで面白い。売れてない人は愚痴っぽくて悪口ばかり。だから文句ばかりいってた頃に話を聞いてくれた人にありがとうって。

 

誰もが弱くて、悪口を言いたくなったり、困難から逃げたくなったり、偉そうに語りたくなってしまうものだと思う。それが人の本質だとかは到底いえないけれど、タイミングや状況によっていくらでも変わることだと思う。そんなものだ。

 

だからもしそういう状況を目にしたら、「たまたま今はそういう時期なんだな」とか「自分もどこかで同じコトやってるんだな」ってとらえたいし、自分がそんな時に優しくしてくれる人に感謝する人でありたいと思う。

 

上京ものがたり

上京ものがたり