読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーズアカデミー戦記

G's ACADEMY TOKYO でプログラムを勉強してます。もちろんブログは非公式です。

僕はあきらめが悪い

サービス開発が佳境に入っている。

 

以前のエントリで一つ課題を解決すると二つの新たな課題がふくってくる状況を嘆いた。状況はたいして変わっていない、今月末のデモデーまでにサービス公開できないことはほぼ確定している。

 

正直申し上げて、これまでは「間に合わない」とか弱音をはいておいて最後は間に合わせるという心づもりでいた。”油断させた上で同期の中で最速で公開してやるんだ”と。プロダクトの質はともかく、スピードだけは狙っていた。残念ながらその企みも失敗に終わりそうだ。何がツライかって「今日はここまでやろうっと」と思って始めても1週間たっても終わっていない。とにかく進捗が恐ろしく悪く、僕だけでなく他のジーズアカデミー生もそんな感じだったようだ。だから悲惨なデモデーが待っているな、、と僕はすっかり悟りの境地にいっていた。

 


ところが、だ。

 


今日、なぜか遅れを3日ほど取り戻すような進みをみせた(それでも到底間に合わないが…)。一緒に開発していた他のジーズ生も「今日一気に進んだんですよ!諦めてたけど、なんとかなるかも!!」などという。実際、厳しいかなと思っていたメンバーのプロダクトもかなりの出来栄えになってきているも確認できている。

 

”そうか、ついにやってきたんだな…”、僕はアレの到来を予感した。

 

直前力の発動だ。

 

テスト勉強でも仕事のプロジェクトでもそうだが、「計画的に」進めているつもりでもどこか「まだ時間あるし」という甘えた期待があって、それが彼・彼女の真剣さを損なわす。しかし直前期にはいった途端、これまで取り組んできた結果力がついてきたとか、ゴール地点が見えてきた所で必要な取捨選択がやりやすくなったりというのもあって、劇的にスピードが早まることがある。今ちょうどそんな状態にはいってきた気がしている。(勘違いでないことを祈るばかりだ)たぶんこの感覚はこれからの数週間加速していくと思う。

 

arrown-blog.com

 

やりきったら、きっと違うステージまでいける。だから僕は諦めないし、みな諦めていない。

 

最高の土曜日だ。