読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーズアカデミー戦記

G's ACADEMY TOKYO でプログラムを勉強してます。もちろんブログは非公式です。

お金をはらってプログラミングを学ぶのも悪くない

この記事は「ジーズアカデミー Advent Calendar 2015」17日目の記事の可能性があります。

プログラミング学習ビジネス

昨今いろいろなメディアで「プログラミングは重要だ」などと言われていて、様々なプログラミング学習サービスが目につくようになった。ドットインストール、Code academyは言うに及ばず、codecampにTECH::CAMP、僕が行っていたG's ACADEMY TOKYOのようなskype経由やオフラインでの教育サービスも定着化してきたように思う。

やはりアメリカでも数年前からこのような学校はバブっているようで、数ヶ月でWeb開発の教育をし就職指導まで行う Bootcamp はその高額な授業料にもかかわらず定員の10倍以上の応募があり、就職した卒業生の給与もとんでもなく高額、でも最近ではやっぱりネガティブな面もみえてきただとか云々かんぬん…色々な噂がながれてくる。

無料で学べますよね?

話は変わって少し前に話題になった記事が引っかかっている*1。内容については本筋ではないので省くが、書かれた方は最近プログラミングスクールで17万円だかをはらってRuby on Railsを学んだ方だった。この記事についたブックマークコメントを読んでいたところ、こんな意見がチラホラとみられた。

17万円も払うのか…

といった種のものだ。僕にはこの言葉が引っかかっていた。それは純粋な驚きだったのかもしれないし、そんなのにお金を払うのかよという嘲笑を込められていたのかもしれない。いずれにしても「自分はそんなことはしない、もっと安く学べるのに…」という気持ちはあったと思う。そしてそれはかつての自分の考えでもある。

ただ G's academy を卒業した今の僕はすっかり考え方が変わった。個人としてそれなりに大きな金額をはらってでもプログラミングを身につけようとしているその人に素直に尊敬の気持ちを持つことができる。なぜか。その手がかりに僕が今年の4〜10月までG's ACADEMYで起こったことを記したい。

起業/転職/コミュニティ

  1. スタートアップが生まれた
    受講生の何名は素人といっていいところからWebサービスを公開するところまでこぎつけた。そんなエピソードはネットではありふれているかもしれないけど、そのプロセスを実際にこの目でみたのは僕は初めてだ。

  2. 転職が決まった
    他職種からエンジニアになった人、SI業界からWeb業界へいった人など様々だが何人もの生徒が転職を成功させていた。これは必ずしもスクールのおかげとは言えないがまるで無関係だったとも思えない。

  3. コミュニティがうまれた
     年齢とか社会的属性だとか個人のバックグラウンドを離れて、ただ高い意識を持った人が集まった場というのはとても居心地がいい。一緒に勉強会にいったりカフェで集まってモクモクしたりなんてこともある。そういうことがきっかけで、自己学習の習慣がついたなんて人もいた。

それこそお金を使った分だけ、肯定したいバイアスがかかっているのかもしれないし、そもそも決して全てが良かったわけではない。上記の話も優秀な彼らのことだから学校を通さなくてもいずれは目標を達成しただろう。でも学校で学んだことでその速度を早めたのは間違いないと思う。

知識の伝達にお金をはらうわけではない

Webプログラミングはその多くのリソースはWebにあって、先にあげたようなオンライン学習サイトもあればGithubだってある。勉強会だって東京に限らずいろんなところで開催されている。でもそれはただの道具立てであって、それだけで人は「できる」ようにはなるのは難しいし、仕事も仲間もみつけるのも簡単じゃない。ニートだけど独学でサービスつくった〜なんてのはやっぱり特別で例外的なことなのだ。

G'sの生徒の多くは今回のことで一歩前に進んだり、3歩くらい進んだかな?なんて人もいたと思う。この事実を軽んじるべきではないと思う。個人で無料で学ぶことはもちろんできる、それは賢い選択に見えるし、リスクだって少ないように見える。

でも本当にそうだろうか。

その時考えるのは、あくまで知識の授受の問題だけで、場のちからで自分の気持ちを高めたりというところまでは考慮されていないのではないか。だからかつての自分のように「端からない」と決めている人はもったいないと思う。もしくすぶっている人がいるのであれば、一度スクールに通うという選択肢も考慮してみてほしいと思う。


( おわり)

*1:Ruby on Railsはプログラミングではない!!』というもの。既にブログは閉鎖された様子