読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーズアカデミー戦記

G's ACADEMY TOKYO でプログラムを勉強してます。もちろんブログは非公式です。

プログラミング学習のコスパ問題

実は最近、某所で大学生を相手にプログラミングを教えている。といっても僕自身はTA的な立ち位置であって講義中に学生が困ったときにサポートしてあげるくらいの役割だ。受講者は就活がせまった大学生で主に文系、経験者もかなり少ない。2〜3ヶ月でHTML/CSSからPHP&RDBを簡単に使えるようなところまで持っていくようなイメージだ。

 

ちょうどカリキュラムも後半に差しかかった先日のことだ。運営サイドから数名の学生がリタイアしたという話を耳にした。理由は様々なのだけれど、その中の1人が言うには、

 

「これをやっていて何が得られるだろうなって思って…」

 

だそうで…。聞いた時は「はぁ〜、若者に流行りのコスパ論かよ〜」とヤレヤレと思いつつ、と同時に「とても理解できる感情だよな」とも思ったのだ。僕だって少し前まで同じように感じていたけど、やらなければいけない状況があったから乗り越えられただけなのだ。いわばタイミングの問題ともいえる。

 

「そんな風に感じる奴はプログラミングにむいてねーわ」なんて考える事をやめる風潮もあるようだけど、僕には到底言えないし思わない。受講者の大半は起業家やエンジニアになりたいということではなくて「就活で役立てられれば」という人達なのだ。そんな彼らであっても取り組みを通して「プログラミング楽しい、やってよかった、エンジニアもありだな」と感じてほしいと思っている。こういう小さな取り組みが結局のところプログラマーへの理解を深めてもらうとか地位向上とかに繋がるのだと信じてもいる。

その上でうまくいかなかった彼/彼女になんて言ってあげればよかったのだろうか、この数日考えたところ

 

「結局のところプログラミングを学ぶのはコスパがいいぞ」

 

ということなのかなという気がしている。先に就活で役立てたい学生と書いたが、彼らは同時に流行っているから学んでみたい・教養として知っておきたいという志向もあるのだ。これだけ多くのメディアが「プログラミング必須の時代だよね」「普通わかるよね」「優秀な人は文系でもやってるよね」みたいなメッセージを発信していれば、そう考えるのも普通だと思う。

 

でもやっぱりプログラミングを「知ってたらいいよね」ということを超えて「技能として身につけられる」ならば、もっと違う未来が見えてこないだろうか。もし彼/彼女らが困ったとき、例えば就活がうまく行かなかったり、事故や出産で会社勤めができなくなったり、苦しいだけの職場に直面してしまったとき、最悪1人でも技能を売って、あるいは技能で生み出したものによって生きていくという選択肢につながりはしないか。他にもそういったものはあるだろうけれど、仕事の量や学ぶ手軽さ(すなわちコスパ)で言えばプログラミングはベストの一つなのではないか。 

 

英語も大事ですが、個人が英語のスキルを身につけるとレベル10になるところを、プログラミングだったら同じコストを費やしても、レベル100、500、もしかしたら1,000以上にもなる可能性がある、と個人的に思っています。

プログラミングは最も“おトク”な習い事― ドットインストール 田口元氏の挑戦。[1] | CAREER HACK

 

こういうことも伝えられていたらと考えている。もっともこの「コスパ」はやや広義の視点であって「目の前のコスパの悪さ」というのはある。実際前述の学生は、解決方法がわからないで何時間もPC画面に向き合うことがツラかったのだろう。そんな思いをして気持ちが離れてしまったのだと思う。前に「何にもならない20時間」という記事を書いたけれど、この時間を他の勉強しておけば、誰かと交流しておけばとつい思ってしまうものだ。

 

この点については、学びながら「それがプログラミングの学び方なんだ」と個人で感覚をつかみとってもらうしかない気がしている。そう気づくまでに脱落させないこと、色んな意味での楽しさを感じてもらうことが重要になるだろう。"そこまでする必要があるのか"と問われるならば全く必要ないだろう、でもそれはきっと楽しいことだ。